スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察【LH】竜皇帝の復活 ファルカウ

ラヴァートヒーローズ 
竜皇帝の復活 
ファルカウ カード考察
 


※2007/08 三段追加+既存カード修正が行われた時のデータを元にしています。
詳しい能力やステータスに関しては、カード名のリンクをクリックすることで表示されます。

竜皇帝『レグライ』 E
相変わらず竜皇帝の方々の考えは私のような下々の者には理解することができませんw
(´・ω・`)
修正により勝利エリア発動の返却対象がLV3以下に変わったことでユーニ砲に採用できると思いきや、ユーニも修正でLV3になっているので実現不可に…。何故に竜皇帝をさらに弱くするのでしょうか…。まあ、今回のはユーニ砲でレグライが使えるようになることを防ぐための修正だったのでしょうが、それならそれで別の特殊能力を考えろと…w
このカードでAIGが1→2になったとか本当にどうでもいい。


魔法衛兵長『レナリー』 C
LVが6→4となり使いやすくなったレナリー。ATも20に上がったのはいい感じ。HPも下がってしまったが、1回攻撃無効があるのでなんとかなるでしょう。この1回攻撃無効効果があることで、大体は先攻高AT型を返り討ちにできるでしょう。相手大型ともこちらAT強化さえしてやれば2ラウンド目のAGI勝負に持ち込めます。即死系を持たせても高確率で決めてくれそうです。サポートとして使えば、援護HP+30と、魔法王国のユニット限定で身代わりの効果を付与できますが、魔法王国限定なのが残念です。魔法王国中心のデッキでもない限りは、全体的に見て即死系にも耐性があるゴスペルの方が使い勝手はよさそうです。


魔法聖騎士『ディストリア』 B
修正でLVが5に下がり若干使いやすくなりました。ヴァッサーやバンデール同様、ユニットのステータスを吸収し、脅威のサイズを誇ります。戦闘向きのユニットが少ない青において単独で場を制圧できるユニットは非常に強力で貴重ですし、非優勢でも勝ちにいけます。しかし、ヴァッサーやバンデールと違い敗北エリアのユニットしか対象にできないので、重要な時に活躍できないこともw(´・ω・`)


白鳥の剣士『アルナ』 E
LVが5→4に下がりましたが、HP30AT20とサイズも大きく下がりましたw AGIは4に上がりましたので、アタック発動を活かしやすくなったのはいいです。とはいえ、優勢時に手札4枚でもAT60、手札8枚でもAT80とかは寂しすぎる。非優勢時に行こうと思えば、最低でもAT50は欲しいので手札6枚が必要です。役に立たない局面も多そうですし、LV4としての力はなさそうです。オープン発動であれば大きく違ったと思いますが…。


海賊王『ダブリッド』 B
手札一枚廃棄して墓地から好きなカードを回収できるという強力な回収能力を持っています。サイズもLV3標準能力を満たしていますし、優勢青においては十分に戦力になります。能力の性質上、今後のカード追加次第でさらに評価が上がる可能性が高いです。


風の魔術師『フェミール』 B
山札から直接風魔人を召還できるようになり使いやすくなりました。青の獣術使いの弱体により使いにくくなった風魔人コンボでしたが、とりあえずは運用できるようになりました。問題なのは、手札に来てしまった風魔人。手札からはフェミールの効果を摘要できないため、ユーニなどで送るのがいいと思うのですが、ファイルの構成が難しそうではあります。カードタイプが魔法王国なので魔術の長槍も摘要できるので、青バーンなどに入れるとドローによる援護カードの充実と重なり合い、活躍しやすいのではないでしょうか


星の怒り B
使う状況次第では恐ろしい効果を発揮します。早い段階で手札にあれば、序盤から攻めて行きこちらの手札が枯渇しかけた頃に、ダメージドローで充実している対戦相手の手札を落としてみたり。星の怒りの解決後に特殊能力でドローできるユニットと組み合わせたりなどなど。LV6と重いですが、使用前に手札を廃棄してSP補給することができるのでSPの問題はある程度解決できます。ただ綺麗に決まったとしてもその後の引き次第で不利な状況が生まれることも多々あると思うので、ギャンブル性が高いです。このカードを使う際には、戦術を理解し、ドロー関係を意識したデッキ構築が必要だと思います。


大突風 B
手札を2枚増やすことが出来ますが、相手も引いてしますので、LHのゲーム性においては、事実上のライブラリーアウトファイル専用カードかと。というかこのカードが3枚ないとライブラリーアウトファイルは機能しないと思います。あわてんぼうの飛行魔法兵団とあわせることで山札をガンガン削っていきます。


青の獣術使い D
元最強の援護ユニットも修正により一気に使いにくくなりました。自軍ユニットのカードタイプが魔術師でないとサーチ効果が発生しません。魔術師は今のところ優秀なのが、ほとんどいないので、それも使いにくさに拍車をかけてます。主なサーチ対象であった鳥王や炎魔人なども弱体化していることもあり、初期環境を支えていたこのカードは過去の遺物になろうとしています。


魔法王国の魔法剣士 C
LVが4→3に下がり、能力発動の対象も増え、使いやすくなった低速ユニットハンター。LV3,4の低速系に関してはかなり有効になると思います。しかし大型に関しては援護しても届きにくい感じですし、またAGI3系などの基本ユニットに関しては、かなり厳しいです。一応環境次第では強いのかもしれませんが、今の環境では活躍できそうにありません。メタカードなので、今後のカード追加によっては、このカードが大活躍することがあるかも。

水竜 A
他の竜同様、LV6になりATも強化されました。いまだに青には戦闘能力が高いユニットが少なく、このサイズであれば大体の勝負に勝てます。ただ最近はズガやブレイブがいるため、以前のようにはいきませんが…。勝利/敗北エリア発動の1ドローと相手の山札1枚廃棄も便利です。修正により、この能力のテキストが変わっていますが、並び順(プレイヤーからは見えない、データの処理上)で取ってくるか、ランダムで取ってくるかだけの差ですので、プレイヤー側からすればほとんど違いはありません。


風精霊の女魔術師 C
風の精霊が10ダメを持っているので、優勢青戦ではAT50相当となり援護なし標準型のLV3には一方的に勝てます。風の精霊のドロー効果もあるので、性能は悪くないかと。風の精霊は手札に貯まっても使いやすそうなので問題ないかと。LV3と少し重いですが、AT+20AGI+1の援護を持っているためこいつ自身も手札で腐ることはなさそうです。


水精霊の剣士 C
他の精霊剣士系同様、山札から取ってくる修正に。相手のAGIとATを下げられるので、ズガとかブレイブでもでてこない限りは結構戦えそう。こちらも風の精霊同様、精霊が手札に来ても使いやすい水精霊なので、そこらへんは問題なし。


泉の賢者 A
敗北時発動のグリモアサーチからオープン発動になったことで遥かに使いやすくなりました。確定でグリモアカード1枚を選んで持ってこれるのは強力です。普通のデッキのサポートでも使えますし、コンボ系のファイルには欲しい一枚。


雷雲 E
高AGIを中心としたファイルには効果的ですが、あまりにも不安定過ぎるので、このカードにSP3消費するのは無謀な気がする。ただでさえ、失恋EXなどの使いやすいオープンダメージ、炎の玉のような決定力をもったオープンダメージがあるので、このカードを見ることはないかと。アリーナが高速系ばかりになったら使ってあげましょうw


銀の翼の怪鳥 C
ユニットでありながら、援護で先攻が付けられます。先攻が欲しい状況は非常に多いはずなので、LV3援護といえども使う時はあるはず。ただ突撃などの先攻付与が使いやすくなったことと、初期環境なら援護をつけることで十分に戦えたこのステも今の環境では非常に厳しいといわざるをえないです。


魔法王国の魔弓兵 B
AT80という条件はありますが、アタック発動の1ドローは便利です。さらにAT+20AGI+10の援護を搭載しており、サポートとして使ってもアタック発動のドローは有効なので、援護としてもそこそこ優秀なカードです。総合的に見て、青のLV3枠の有力候補だと思います。


巨大鳥 E
HPが70になったことと、相手先攻だった場合、今までの先攻無効に加え、AGI+2になったため、ほぼ確実に相手より先に動けるように。まあ、先攻対策としては有効だとは思いますが、相手が先攻もじゃなかったら普通に死亡するかとw こんな不安定なLV5は使いたくない。


燕の偵察兵 C
オープン発動に変更され、2ドローした後、手札の中から1枚山札の上に戻します。ユニットとしてセットし、オープン確定でのドローはなかなか。ただ戻す場所が以前とは違い、山札の上なので結局引いてしまうことに。以前のように山札の下に送れるなら、状況において不要な手札を処分しつつ戦力を充実させれるので使いやすかったとは思うのですが。


新米の魔法剣士 C
敗北エリア発動の援護を持っているのはなかなか優秀。普通に援護してもよし、ノーセット回避のためにセットしてもよし、負けても援護がつくのでよしと気軽に使っていけます。


魔力付加の術士 G
ATが0→10になり、相手がLV1ユニットとかだった場合に自力で勝利エリアにいける可能性が。こんな些細なステUPでは本当に意味がない。しかも勝利エリアで受けられる恩恵がAT+50→30に下がってるのでさらにやる気が下がりますw たたでさえ優勢青の時限定からファルカウのユニットのみ対象に変更されてるので本当にどうでもいいw


あわてんぼうの飛行魔法兵団 B
大突風と同じくライブラリーアウト型ファイルの必須カード。AT20なのが地味に大きく、LV2以下のユニット相手なら結構勝てます。こちらはユニットであることもあり、ファイルアウト以外で用いることもあるかと。


海割の爪 B
サイズが各種竜と同じに。青においてこのサイズは、かなり信頼できます。勝利時の山札からグリモアを1枚墓地に送る効果もなかなか。治癒呪文とか落ちてくれると儲け。


見えない刃 C
LV5→4に下がったものまだ重い感がある。AT+20、先攻付加と非常に強力ですがね。


失敗 C
失敗が失敗しなくなりました。2~5からランダムで選択され、2の場合でも実質SP増減値は0。それ以外ならSP増加となります。つまり75%の確率でSPが増加します。以前と比べると大きな進化。5とか出てくれると嬉しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数
プロフィール

★八戒★

Author:★八戒★
典型的なオタリーマンです。
現在は、ガンダムクロスウォー、ハースストーンなどスマホ系ゲームを中心にプレイ中。

このブログは、ガンダムクロスウォー中心に更新予定。

相互リンク募集中

【がっつり進行中】
・ガンダムクロスウォー
・ハースストーン
・パズドラ
・Fate/Grand Order

【休眠中】
・ラストクロニクル
・三国志バトルウォーズ
・アルテイル
など。

カテゴリ別一覧

openclose

最新記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
http://7af-ent.omni7.jp/relay/OD1000YN0000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。