スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察【LH】竜皇帝の復活 ローティア

ラヴァートヒーローズ 
竜皇帝の復活 
ローティア カード考察
 


※2007/08 三段追加+既存カード修正が行われた時のデータを元にしています。
詳しい能力やステータスに関しては、カード名のリンクをクリックすることで表示されます。


竜皇帝『ジュッズヴァー』
ATが70に強化され、なんとかそれなりのサイズに。また敗北エリア発動の生贄も緩和されました。優勢でAT140出せるから大型+援護もぶった切れるように。でも優勢黒なので数珠自体もルティナやアイギナに狙われるというのがなんともw まだ実戦レベルにはきついですが、ネタとして使える領域には入ってきたと思いますので、非公式大会などで使うと面白いかもw


日食の皇子『アルフォンス』 A
いまだにそのオープン能力が強力なのは変わりませんが、ヴェルベットに喰われてしまった感がしないでもないです。対ヴェルベット戦においては、先に動けるアルフォンスの方が有利な状況も多いでしょうが、最近のHP100軍団の台頭している状況と、アルフォンスのダメージは相手の墓地依存ということを考えると、決定力においてヴェルベットより大きく見劣りしてしまいます。


黒竜の騎士『ミリア』 D
LVが6→4と大きく下がり、かなり使いやすくなりました。ユーニとは逆に敗北エリアにカードを置く能力を持っていますが、現環境では敗北エリアで強力な能力を発動させるものがほとんどないため、ユーニと評価は大きく異なります。というか敗北スキルの性質上、勝利スキルを超える能力が出る事はほぼないと思われるので今後もユーニに追いつく事はできないでしょうw 現状で使うなら、数珠との入れ替え。でもそれもミリアと数珠、生贄用の手札二枚で合計四枚の手札を消費するネタコンボになりますがw 他には優勢時の幼い呪術使いとのコンボでAT100を出すくらいでしょうか。


魂の守護者『フィミーリア』 D
効果そのままでLV5からLV3に下がりました。(どんだけ~)LP5の時ならAT50、優勢でAT100なのは強いですが、その後はなんともw 終盤などは酷いものです。
能力がAT=ではなくAT+ならLV3として非常に優秀だったと思いますが、流石にそうはいかずw 


混沌の魔人『ダロス』 B
ATの上昇幅が0~80で20刻みの五段階に増えました。つまり80%の確率でAT20以上が増えるわけです。80などを引けば、非優勢でもAT110とかすごいことに。ここまで上がり幅が大きいと、ランダム能力にも関わらずしっかりと仕事をしてくれそうなので優秀だと思います。他のランダム能力とは別に考えた方がいいかと。非常時にはAT+80が出ることを祈って非優勢で大型討伐を目指すのもあり?w 強運の猛者が使うとかなり強力w

破壊鉄兵『XXX』 G
修正を受けられなかった我らがXXX。LVにしては若干高めのステータスを得た代償に背負わされたものがこの勝利時発動スキルw 手札を全廃棄してしまうため最後の1戦でしか使ってはいけませんw 最後以外の状況で使っては手札がなくなり、戦力を失うため負け濃厚となります。代償に見合う戦闘能力を有している訳でもないので、こいつの出番は確実にないと思いますw
某カードゲームのように「手札調整以外のなんらかの効果によりこのカードが廃棄された場合、○○になる」といった特殊能力を持ったカードが出てくるのであれば、そのトリガーとして使えるようになるかもしれませんが…。まあでないでしょうw


生贄 G
山札から好きなカードを持ってこれるという強力なサーチ能力ですが、その代償にライフを1削られますw 痛すぎますw アルテイルのようにSSがあればトリガーとして有効でしょうが、LHにおいては今のところデメリットにしかなりません。強力なカードは数あれど、さすがにここまでしてサーチしてこなくてはいけないカードはないでしょう。
今後ライフを削ってでも持ってくる価値のあるカードが出てくる可能性は否定できませんが、そんなカードは壊れ確定のカードでしょうw 戦況を一遍させるようなコンボがでてくればカードサーチとして採用できるでしょうが、基本的に一戦毎に判定していくLHにおいてはそれも難しいでしょう。


恐怖 E
修正により、LVが4→5にあがってしまい弱体化してしまった即死系。以前はLV4と比較的安い即死だったため、小型の多い環境では役に立ちましたが、この修正により、その存在価値は無くなったといっても過言ではありません。だってLV1上げるだけで、無制限即死の無慈悲があるんだものw


戦闘用魔法少女【近接型】 B
修正でオープン発動のAT係数が2倍から3倍になり、火力が凄いことにw AGIも2→3になったため、今まで一方的に負けていたAGI3軍団にもAGI勝負に持ち込めるようになりました。HPが30→20に下がりオープンダメージへの危険性が増しましたが、それは支援型か、その他援護でカバー。敗北エリアにノーマル魔法少女がいればAT160、支援型がいればHP+40の補助を受けつつAT120とすごい戦闘能力に。優勢黒とかは明らかなオーバーキル。最近大型が多い環境で、かなり活躍できると思います。魔法少女デッキの特攻隊長。


獣化病/スキュラ獣化病/ C
HPが60→70に上がりました。このラインの10増加は凄い大きいです。優勢黒時限定ではありますが、単体で大型を瞬殺できるほどのATを叩き出すスキュラですが、その役割は完全に黒EX娘に持っていかれました。序盤でほぼ戦力にならないのも残念。そこそこ強いと思いますが、出番があるかといわれると微妙。


古代の死体の王 C
敗北時発動の手札を全廃棄し、墓地から選んで3枚回収できるのは強力です。
能力の性質上こいつのセットする前に手札を廃棄し、SPを充実させてから能力で墓地から手札補充というのが基本的なプレイングになると思うので、能力が発動できないとまずいことにw 基本的には星の怒りとのコンボで使っていくことになるかと。非常にハイリスクハイリターンなカード。他のカードにはない面白い能力ですが、非常に癖があるカードなのでデッキに採用する場合は、他のファイル調整の時以上にフリーアリーナで使い方を熟知しておく方がいいでしょう。


幾夜竜 C
アタック発動でSP2を減らすのが非常に強力。修正でATも40になり強くなりましたが、黒EX娘達の台頭によりこのカードを使うには多くの危険が伴いますw そこそこ優秀なhずなので黒EX娘達がいなくなれば出番があるでしょう。


戦闘用魔法少女【支援型】 B
HP+20AT+10という基本的な援護を搭載し、勝利/敗北エリア発動で戦闘用魔法少女のHP+50、山札からカードタイプ戦闘用魔法少女を選んで取ってこれるという非常に優秀な能力を搭載。また優勢時にノーマルのエリア発動の援護を受ければAT100AGI4としっかり戦えるのも非常に使いやすいです。これでLV2は破格w
弱点としては、勝利/敗北エリア発動能力全てに共通することですが、その後の展開を非常に読まれやすい事。ただ今後、多種多様な魔法少女が追加されていくことがほぼ確定しているので、いろんなタイプの魔法少女を運用していくことでこの弱点も緩和されていくでしょう。


獣化病/フェンリル G
優勢でも援護無しではどうにもならないし、非優勢では光の精霊すら倒せない。援護や補助的な能力もなし。こんなLV2はいりません。


堕落 D
効果は非常に強力ですが、アタック発動なので発動が不安定なことと、相手がノーセットであれば丸損にw ハンデスを目的としたファイルでなら活躍が期待できそうです。


獣化病/レギオン E
今回の修正でどうやら自殺願望はなくなったようです。LV1で優勢時にはATが+20増加し、HP10AT60AGI3となるので、LV3とAGI勝負できるかもといった感じでしょうか。それで?といった感じですw こういう運用方法なら動く死体の方が数倍いい。LV1に求めているのは、こんな仕事ではない。


死の線を切るモノ C
AGIが2→3になったことと、サポートの強化により非優勢でも能力発動が容易になったのでかなり使いやすくなりました。それでも消費SPが6前後な割りに、他の即死系コンボと比べ、安定性が低いです。


白骨戦士 D
先攻AGI4といってもこのステータスでは、延々と手札に帰ってきても要りませんw
手札に帰ってくるので、実際の消費コストは安めですが、それらを考慮しても使うのは難しいでしょう。


月公国の精神兵団 C
なぜかLV3になってしまいました。自分ユニットがカードタイプ月公国であるという限定条件がありますが、オープン発動で月公国のカードを選んで持ってこれるのはなかなか便利。援護のAT+30も何かと便利なはず。


古来からの呪術師 C
現環境下において相手のATを下げる能力を持つカードはこいつを含め二枚だけ。この敗北エリアスキルは強力で、次の戦闘で非常に有利に戦えます。またHP40と若干低めではありますが、AT30AGI3とLV3ユニットと普通に殴りあうことができるのもいいです。勝てばラッキー、負けても次に繋げられるカードです。


幽霊 B
殴った回数だけ手札を捨てさせられます。70と高いHPを誇り、援護なしであれば優勢LV3のアタックに耐えることもできます。また能力との関係上ATが10なのが長所でもあります。相手がLV2以下であれば複数回殴り、手札を落とした挙句バトルに勝てるのはまさに鬼畜w 優勢時に出してもLV3以上にはほとんど勝つことができませんし、ATが20になってしまい相手がLV2以下だった場合にも殴れる回数が減るので、非優勢かつ低GETSP時に狙うのが効果的です。


真夜中の犬 D
援護しないとどうにもならない。勝利スキルで真夜中の犬を持ってこれますので、使いまわしのできるLV3AT+20AGI+1の援護といった感じ。


夜の魔女 D
LV1にコストダウンしましたが、SP減少効果も下がってしまい、優勢時にだしてもSP-2になってしまいました。優秀なSPブーストが増えた環境において、これでは効果が非常に薄いと思います。


生命変換 D
治癒呪文には敵わないと悟り、別路線に変更した模様。相手に20ダメ、こちらのHP+20ということで、先攻対策を取りつつ、こちらのHP援護もできるように。先攻VS先攻戦などに活躍してくれそうな一枚。


魂の契約 G
ドローカードと思いきや三枚引いて三枚捨てるため、枚数は増えませんし、引くカードもランダムのためサーチとしての安定性に欠けます。しかもLV3というコストパフォーマンスの悪さ。このカードを使うと逆に戦況が悪くなる状況が多いと思われるため、使用しないほうがいいでしょう。破壊鉄兵『XXX』の考察でもいいましたが、某カードゲームのように「手札調整以外のなんらかの効果によりこのカードが廃棄された場合、○○になる」といった特殊能力を持ったカードが出てくるのであれば、そのトリガーとして使えるようになるかもしれませんが、可能性はほぼありませんw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数
プロフィール

★八戒★

Author:★八戒★
典型的なオタリーマンです。
現在は、ガンダムクロスウォー、ハースストーンなどスマホ系ゲームを中心にプレイ中。

このブログは、ガンダムクロスウォー中心に更新予定。

相互リンク募集中

【がっつり進行中】
・ガンダムクロスウォー
・ハースストーン
・パズドラ
・Fate/Grand Order

【休眠中】
・ラストクロニクル
・三国志バトルウォーズ
・アルテイル
など。

カテゴリ別一覧

openclose

最新記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
http://7af-ent.omni7.jp/relay/OD1000YN0000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。