スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察【LH】ベーシック ファルカウ

ラヴァートヒーローズ 
ベーシックパック 
ファルカウ カード考察
 


※2007/08 三段追加+既存カード修正が行われた時のデータを元にしています。
詳しい能力やステータスに関しては、カード名のリンクをクリックすることで表示されます。


隼の聖騎士『ラルト』 B
オープン発動でカードタイプ魔法王国のカードから好きなカードを取ってこれる優秀なサーチ機能はそのままに、LV6→5にコストダウン、ATが30→40に増加とやっと実戦レベルになった感じのラルトさん。未だに戦闘能力が低めの優勢青ならちゃんと戦えるかと。またオープンサーチの能力も、ルビアやアディシオンやその他使いやすいユニットを局面にあわせて選んでドローできるので、魔術の長槍などを主軸に置いた青の焼きデッキなどで重宝するかと思います。


幼き少女『カテリーナ』 B
LVが3→2に下がり、援護も強化されました。援護のHP+20AT+20はLV2としては非常に優秀だと思いますが、戦闘能力は皆無のため援護専用のカードといった感じでしょうか。またユーニ砲で運用すれば、HP+30AT+20先攻の再付与ができるため、オープンダメージへの対策、ATの強化、先攻再付与による呪縛への耐性など強力な効果を得られます。勝利エリア発動能力が非常に強烈ですが、AT0のため光の精霊すら倒せないので、実現は難しいかと思われます。普通のファイルにいれるのは微妙ですが、ユーニとの運用なら役立つと思います。


雷の使い『ルビア』 B
LVが5→4に下がり、AGIが3→5になり、使いやすさ安定性ともに増しました。サポートカードをセットしていれば自動的に30ダメを与えることができます。カードタイプが魔法王国なので魔術の長槍を使えば合計70点のダメージをオープンで与えることができます。大型以外はほぼ死滅するかと。HP援護などで対応されても先攻攻撃で追い討ちをかけることができるので、制圧力は高めかと。弱点としては、LV4でありながら援護なしではほとんど役にたたないことと、オープンダメージを生かすためにさらに援護カードをダメージ系にした場合、HPが20しかないため些細な焼きで落とされてしまうことです。


黒猫『フェルアン』 B
ライブラリーアウト勝ちを狙う際には必要不可欠ともいえる一枚。HPが50あるので、珍獣や光の精霊などの低LVユニットなどをセットしてくるタイミングに合わせると山札から5枚墓地に送ることができ、大きな差をつけることができます。ただ現状では、ライブラリーアウト勝ちを狙う以外に使い道がないため、普通のデッキには入りません。


青龍『ヴォルドア』 B
通常のLV3ユニットと同等のステを持ちつつ、サポートとして使った場合はHP+20AT+20という優秀な援護に加え、後攻持ちのユニットを先攻に変更し、1ドローできる能力は優秀。LV4に見合った効果かと思いますが、大型と組み合わせると、合計コストがいくつになるやら。でもズガやブレイブ、その他大型が援護効果を受けつつ、先攻で突っ込んできたらかなりの脅威。”突撃”のところでも書きましたが、先攻でありながらHP100クラスを落とすのは、優勢アイギナ、優勢白高GETSPラフィーレ以外、非常に困難だと思うので、かなりの安定性を誇るかと。ちなみに以前は、ヴォルドアが勝利エリアに行っても発動したこの能力ですが、敗北エリア発動に変更されてます。これは意見の別れるところだと思いますが、LV4を負け前提で出すのもどうかと思うので、個人的には下方修正だったかと思います。敗北エリア発動の方が狙いやすいというのはありますが。


水の魔術師『ミスティア』 E
水の精霊とのコンボでアタック発動により相手を手札に戻すことができます。修正により山札から水精霊を呼んでこれるようになりました。相手LPを減らすことはできませんがGETSPは回収できます。しかし相手LPは減らないのに、ダメージを受けたかのようにSP回復されるので効果は薄いです。また消費SPが5なのでGETSPが6でも手札分を考えてSP的にはとんとん。さらにアタック発動なので先攻持ちやオープン焼きに弱く能力を発動させるのすら難しいという事です。決めても効果は非常に薄く、ミスれば大損害のカードw 注意しなくてはいけないのは、水精霊を抜き出してくるのはアタック発動時なので、援護のHP+40は発動しません。(検証済み)


禁止呪文 D
LV4以下のサポートを無効化できます。現環境ではメイリーンや治癒呪文などを除くほとんどのサポートは無効化できるということです。(現在LV5以上でサポートエリアにセットできるのは9枚)しかし、このカードにサポート枠を取られてしまうため、自軍ユニットを援護できないのが大きな欠点です。
そのためこれを使用しても勝ちに直結しないので、LV4に見合う効果はありません。使うならヴェルベットや大型とセットで。


大嵐 G


何故に両軍対象なのかwLV3も使って自軍ユニットが20ダメくらい、相手にも一枚ドローされる。意味がわかりません。効果的にライブラリーアウトにも採用されないでしょうし、普通のデッキにもまず入りません。このカードの有効な使い道が一切わかりません。


魔術鎌の戦士 C

LVが4→3になりAGIも標準の3になったので使いやすくなりました。AGI勝負になりますが、こちら援護なしで相手の援護有りを落とせたり、蟹を一方的に落とせるのはなかなかいい感じ。援護をつけてやれば優勢時にAT100を超えるため、大型の討伐も狙えます。HPが20と低いため、オープンダメージには注意が必要。勝利時発動のグリモアを一枚捨てさせる能力は、相手の切り札を落とせる可能性が高く、また一枚も廃棄されなかった場合、手札にはグリモアがないことがわかるので戦略を立てられるなどなかなか優秀。


白鳥の魔法戦士 D
LVが4→3になった反動でAGIが3に下がってしまいました。全体的なサポートの強化により、援護倍加の恩恵も大きくなりましたが、このステータスではなんともならないような。聖騎士などと違い優勢以外では戦えそうもありませんし、優勢でも微妙。またAGI3なのでアイギナに瞬殺されやすいのもどうかと。


練達の魔術師 B
ドロー機能を持ったLV3。修正によりLV3の基本ステになりました。ドローはオープン発動なので、確実性があってなかなか使いやすいです。青ならこの戦闘力でもなんとかなるかと。


風魔人 B
修正によりHPが上がりましたが、正直そんなのはどうでもいい。なんといってもフェミールの上方修正により使いやすくなったことが大きいでしょう。山札から直接呼び出せるのは素晴らしい。勝利エリア発動の効果は以前と同じで20ダメ+2ドローで便利すぎるw デッキ圧縮にもなるので援護や切り札を充実させることができるでしょう。以前はユーニ砲での運用が一般的でしたが、今はフェミールメインで手札に来た分をユーニで処理するといった感じでしょうか。注意点としては、かなり山札を削っていきますのでライブラリーアウト型との勝負の際には注意が必要です。


海底の漁師蟹 B
以前から優秀だった蟹。今回の修正で後攻削除、AGI2に上昇、敗北エリア発動のHP援護と上方修正を受け使いやすくなりました。この敗北エリア発動のHP援護は、ヴェルベット対策にもなるため結構貴重。ATが跳ね上がる状況が少ない優勢青戦においてHP70はなかなか強力で、援護してやればそう簡単には負けません。


深海の悪魔 D
サイズは蟹と同じで蟹よりLV1高くなったかわりに高AGIには40ダメを与えるという対策を自動的に行ってくれます。修正で若干能力は上がってますが、ほぼ意味がないような。他のLV5などと比べると、激しく見劣りします。


大渦 G
LV2ではありますがそれでもコストパフォーマンスが非常に悪いです。ズガテロザやブレイブ、ヴェルベットなどを引いてこれますが、まずいつ使うのかといいたい。


大鷲の剣士 C
ごく普通のLV3ユニットといった感じでしょうか。可もなく不可もなくといった感じです。若干強化された援護も搭載してますが、練達や魔法王国の魔弓兵と比べると見劣りします。


魔法王国の衛兵 C
援護がHP+30から+40に強化されたのは非常に大きい。白の太陽王国の盾騎士同様、ユニットとしても使える守備力強化といった感じです。敗北エリアに行けば、HP+30できるのも好評価。低GETSPの時にこっそりセットして、相手ノーセット等で勝てれば儲け。負ければ次のターンに援護を活かし、攻める。それ以外にも普通に守備力強化として使用(援護なので聖騎士等には効果2倍)。といった使い方でいいと思います。コストパフォーマンスはよく、手札で腐る状況はまずないと思うので、使いやすいのもいいです。


俊速の剣士 E
青のLV3AGI5先攻型。しかし何もテキストがないので、容赦なき暗殺者と比べてかなり見劣りします。ただでさえ、先攻AGI5型が活躍しにくい環境なのに、これでは利用できません。


美声の魔歌術士 B
数少ない全部のパラメータを上げられる援護カード。オープンダメージ対策、AGI勝負の防止、ATの強化を一枚でこなせます。LV1で勝利/敗北エリア発動のAGI補正も持っているため、低GETSP時にこっそりおいてあわよくば相手のノーセットでライフを奪うことができれば素晴らしい。負けても次の戦闘で有利になりますし。


魔術の使い手 D
修正によりSPの増加値も増えなかなか優秀な能力に。しかしこのカードにサポートをつけるのはどうかとw 戦闘能力の低さから援護しても知れてるので、SPブーストなどと組み合わせてSP確保+ドローを狙うなどが一般的になるでしょうか。


人面鳥 G
他の同ステータスのカード同様、援護なしではろくに戦えません。勝利効果も条件を満たすのが難しい割には些細なものです。


風の精霊 C
敗北エリア発動であったHP-10 1ドローがアタック発動、さらに援護として使っても発動するようになりました。AGI4先攻ということもあり、アタック発動+敗北エリア発動の分で最低でも2ドローは期待できます。援護のAGI+2はオマケ程度に。


水の精霊 A
LVが1に下がり、援護がHP+40、敗北エリア発動が相手ユニットをAT-10AGI-2、そして1ドローと幅広く活躍できるようになりました。守備力強化として使ってもいいし、とりあえずセットして負けても妨害+1ドローは非常に便利。


飛行 G
だからなぜにファルカウ限定w 修正により先攻以外にもAGI+4が付加されるようになりましたが、青の誰に先攻を持たせると有効なのかはわかりません。プロポジみたいなユニットが青にいれば話は別ですが。


返却 A
何かがおかしくなって帰ってきた返却。相手ユニットが優勢神族以外の場合、オープン発動で手札に戻すとかすごい性能にw 以前とは違い、ライフにもしっかりダメージを与えられます。しかも最近は、ズガやブレイブ、黒EX達のように非優勢でもでてくる強力なユニットが多くいるので、高GETSPにあわせれば成功率は結構高め。ファイルによっては、本当に致死量。またこのカードの出現で、バルティアやディカールなどの通しにくいカードも余裕で通せるようになりました。発動が不安定とはいえ、その効果は絶大なものかと。今環境のキラーカード。
スポンサーサイト

テーマ : アルテイル
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ファルカウの中では、カテリーナの評価にちと疑問、ですかね。
ファイルアウト専用のフェルアンがCならば、ユーニファイル専用の切り札かつ援護効果優秀なカテリーナはBでも良いと思います。
レベル2ならば治癒呪文らグリモアの起動役としても使える重さですし、まかり間違って勝とうものなら次ターンにおけるアドバンテージは測りしれません。
更に自分のファイルに☆5ユニットがある時点で「資産的には負けてないぞ」という心理面まで考慮すれば……ww

カテリーナに関しては、ユーニ砲との運用を忘れていましたw 
よく読みなおすとオープンダメージ対策、AT強化、先攻付与による呪縛耐性などいろいろと便利そうですね。
ユーニ砲との運用を前提とした上で評価は変更しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
来訪者数
プロフィール

★八戒★

Author:★八戒★
典型的なオタリーマンです。
現在は、ガンダムクロスウォー、ハースストーンなどスマホ系ゲームを中心にプレイ中。

このブログは、ガンダムクロスウォー中心に更新予定。

相互リンク募集中

【がっつり進行中】
・ガンダムクロスウォー
・ハースストーン
・パズドラ
・Fate/Grand Order

【休眠中】
・ラストクロニクル
・三国志バトルウォーズ
・アルテイル
など。

カテゴリ別一覧

openclose

最新記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
http://7af-ent.omni7.jp/relay/OD1000YN0000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。