スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察【LH】ベーシック ローティア

ラヴァートヒーローズ 
ベーシックパック 
ローティア カード考察
 


※2007/08 三段追加+既存カード修正が行われた時のデータを元にしています。
詳しい能力やステータスに関しては、カード名のリンクをクリックすることで表示されます。


体現する死『プロポジッション』 A
HP+20と勝利時に山札から不死者もしくは死霊を選んで一枚ドローできるようになりました。サポートの全体的な強化とHP+20により、耐久力と比例して安定性が大きく増したプロポジ。勝利時のドローもズガテロザを取ってこれるのは、いい感じ。鳥無慈悲とは違い、HP援護ができるのでヴェルベットなどに勝ちやすいのも利点。効果の性質上、AT0なのはむしろ利点となり、最近使用率の高いブレイブに対しては、優勢赤で豹の霊や高AT系でも付加されない限りは、即死系を除く他のどんな援護付でも勝つことができます。


月大公『エスカティア』 B
黒版フェルラート。能力は全く一緒です。
初期環境では、白と違いユニット性能が低かった黒ですが、現在はアイギナやルティナの存在により優勢黒での勝負がどれだけ困難を極めるか。優勢ルティナのAT140とか大型+守備力強化を平気で落としてきますw アイギナ+祝福EXもしかり。現環境では、周りのカードに恵まれているため、フェルラートより使いやすいかも。
「ずっと私のターンッ!!」


奈落の馬騎士『ディカール』 A
自軍墓地が12以上で勝利した場合、対戦プレイヤーのLPを2減らすことができます。相手の計算を大幅に狂わせることができ、非常に強力です。
まず能力発動に必要な「自軍墓地が12枚以上」ですが、終盤に手札調整を行えば余裕でクリアできるため問題ありません。序盤には使えませんが、このカードの真価は、相手がLP2の時に一気にトドメをさせることだと思うので問題ないでしょう。
また勝利時発動になりますので当然勝たなくてはならないわけです。ここで問題となるパラメータですが、HP50AT20AGI5となんとか戦える能力を保持しています。優勢時に炎玉を援護でつけてやれば大型以外なら倒せるはず。
おちこぼれの勇者などの相手の行動に影響される能力ではないのもいいです。


混沌の美女『アンナローゼ』 C
アタック発動で山札からローティアのカードを選んで手札に移すことができます。
AGIが1→4に変更されたため、効果が発動させやすくなったと思います。
また援護効果もAT+10→AT+20 AGI+1に変更されたため、サポートとしてアタック発動を狙う価値もでてきました。LV4とかなり重いですが、どうしても引かなくてはならない黒のカードがある場合、現状ですと死竜エンドレス型などで死竜を引いてくるための保険としての採用ならありだとも思います。

死体の王『ズガテロザ』 S
超絶強化されて帰ってきた死体の王。まずはコストそのままにサイズがHP100AT30に大幅UP。アタック発動の効果もAT=からAT+に変更されたため、優勢神族を問わずに早い段階からありえないATを叩き出します。後半でのAT200越えもよくあります。墓地の枚数が多い状態でなら竜ヴァッサーも瞬殺できますし、発動タイミングがアタック発動のためブレイブ相手にも安定して勝てます。序盤こそブレイブに劣るものの、後半での制圧力は異常。相手を瞬殺する攻撃力を持ちながら、HP100のタフネス。守備力強化をつければ140と高タフネス。もはや特殊なAT強化でも使わない限りは、即死系以外倒すのも困難かと。優勢を問わずに圧倒的な制圧力を持ち、援護をつければ高確率で勝てるという今環境のエース候補筆頭。


殺人兵器『ラ・ボォ』 C
HPが30→20に下がったものの、AT30→40 AGI1→5と大幅に強化されて帰ってきたマゾ(違w)。LV2としては、異常な性能ですが、敗北するとLPが2減るというのは危険すぎる。AGI5のためアイギナキラーになります。しかし、個人的にはデメリットが大きすぎるため使う気にはなれません。


呪縛 B
LVはそのままで、大幅強化されてきた呪縛。以前は対戦ユニットのAGI-1でしたが、今回はAGI-3 SP-1 先攻持ちの場合、先攻無効という非常に使いやすくなって帰ってきました。もっとも効果がでやすいのは、AGI3ユニットへの援護。先攻高AGIより早く動けるようになりますし、AGI3型とのAGI勝負もしなくてすみます。色々な場面で活躍してくれるでしょう。優勢ルティナの援護として使えば、かなりの安定性。AT140で先に殴りかかってくるなんて悪夢。大型へLV3HP援護された場合や、呪縛を無効化される炎玉、能力発動したヴェルベット以外には負ける状況は少ないかと。


無慈悲な死 B
LV6のサポートと非常に重いですが、その効果は絶大。アタックさえ発動すれば確定死。前環境では、飛べない鳥の王様とのコンボにより最強コンボの一角を担っていましたが、飛べない鳥の王様の弱体化により、このカードへの評価も下がりました。現にアリーナでの使用率は激減しているようです。しかし即死コンボの天敵であった炎魔人が弱体化されたという利点もあるので、ファイルに忍ばせておいて秘密兵器として使うのもいいかと。コンボの相方としては、以前通り鳥の王様以外にも、ゴスペルなどが優秀だと思います。


容赦なき暗殺者 C
アタック発動で手札を一枚捨てさせられるのは非常に優秀。AGI5先攻のためアイギナキラーにもなります。しかし、サポートの全体的な強化により対戦での勝率が下がったようなw 以前は魔力武器などを付加し優勢でAT80が出せば大体勝てましたが、大幅なHP強化の出現により、LV3に守備力強化を付けられればHP90となるため届かなくなりました。またオープンダメージ系の使用率も増加してきているのも問題です。


月公国の精鋭騎士 D
効果そのままで、LVが5→4に下がったため若干使いやすくなりました。またサポートの全体的な強化により、援護倍加の期待値も上がりました。しかし、アイギナやルティナが暴れている黒で活躍できるかというと…。


歪んだ狂信者 A
勝利時発動で相手の手札をランダムで二枚墓地へ送るという非常に強力な能力を持ちます。その代償になったのは標準的なLV3の能力からAGIが2になったということだけw
AGI2とAGI3の差は大きいですが、他のサイズがしっかりしているので非優勢には普通に勝てますし、優勢相手でも援護をつければ十分に勝つことができます。このカードの使い所は、GETSP0、1の時にこっそりセットするのをオススメします。ノーセットや低レベルカードのセットされる確率が増えるので結構な確率で勝つことができます。また当然相手が使ってくる時も同じ考えをするでしょうから、ファイルに入っていることが濃厚になった場合は警戒が必要といえるでしょう。


獣化病/レオナウド D
LVが3→2に下がり、効果発動の値が30→40に上がりました。これにより、優勢時にLV2でありながらAT80を叩き出します。祝福などを使えばAT100になるため援護無しブレイブなどを倒せるのはいいかも。以前に比べ、使う意味が出てきましたが、非優勢ではAT0のため光の精霊すら倒すことができないのはどうかと。


獣化病/リリス D
優勢黒限定ではありますが、HP30AT20AGI5でオープン発動で相手の手札からLV3以下のカード一枚を墓地に送る能力を持ちます。このカードの利点は、墓地に送る手札がLV3以下と限定されているので一枚も廃棄されなかった場合、相手の手札の状況が読みやすくなるという点です。相手の戦力の状況を知ることでこちらもより効果的な戦略を立てられるので、面白い能力だと思います。


古い城の死霊 C
敗北発動での相手SPの減少値が1→2になりました。手札一枚を墓地に送る能力はそのまま。さらに、HPが60→70に上がったため、優勢LV3の攻撃にも耐えやすくなり、勝つことも増えました。後攻もちてしまいましたが、元々がAGI1なため、そんなに痛くはないかと。勝てばライフを削れラッキー、負けても相手に損害を出せるのでとりあえず置いておこうといった使い方になると思います。


反撃の狼煙 E
AT+50は強力ですが手札全部廃棄は痛すぎる。最後のターン以外に使うとまずいことになるという非常に使いにくいカードです。


月光の戦士 C
優勢黒時限定ではありますが手札を一枚墓地に送ることでHPを+30させます。修正前は、捨てるカードはランダムだったのですが、選んで捨てられるようになため、使いやすくなりました。しかし、黒にはアイギナやルティナがいるため、この程度のHP強化だけでは厳しいかと。ヴェルベットでHP0にされても自給自足でHP回復できるのは偉いかも。


戦闘用魔法少女 C
魔法少女限定ではありますが勝利/敗北エリア発動のAT+40が強力です。またAT+30の援護もLV3と重くはありますが、大型を倒しやすいという点と、炎の玉で無効化されないという点でなにかと重宝します。


白骨狂の死霊使い B
アタック発動で墓地からランダムでカードを1枚回収できます。HPが50→70に増えたため、能力を発動させやすくなりました。援護効果も強化されHP+20AT+20と使いやすく強力なものに。サポートとして使ってもアタック発動の能力は発動するので、手札が増えることを考えればLV3援護でありながら実際の消費コストは悪くないです。幅広く使えそうな一枚。

月公国の再生騎士 D
LVが3→4、ATが20→30に変更されました。アタック発動の効果も変更されアタック発動時にHPが50以下であれば、手札を選んで1枚廃棄することでHP70に回復するようになりました。つまり、相手のATが60以下の場合は、こちらの手札が続く限り、ずっと戦えるわけですが、展開次第では手札を複数枚廃棄することになり、その後の展開が絶望的になることもw 戦闘能力は高めだと思いますが、手札を消費するくらいなら他のユニットに援護を付けた方がいいかと。


実態不明の呪術師 D
修正されLVが下がりました。アタック発動で相手ユニットのHPをATと一緒にするという面白いテキストを持っています。ただ優勢効果などでATが膨れ上がってしまうので、HP=ATにしてもあまり効果がない、もしくは逆効果になってしまう状況が多い。しかし、ブレイブなどに対しては効果抜群。ブレイブに対しての援護の多くは、守備力強化なので、かなりの確率で勝てます。それ以外にも今後相手のATを下げるカードが登場すれば使いやすいユニットに化ける可能性があると思います。


幼き少女の霊 C
標準的なLV3の能力に加え、勝利エリア発動で相手のSPを2下げる効果を持ちます。
地味ではありますが、なかなか効果があります。しかし、優秀なSPブーストが増えたので、前環境よりは効果が薄くなったかも。


動く死体 C
修正によりLV3→2 HP50→10 AGI1→3 後攻の削除 に変更されました。以前とは全く違う印象に。優勢黒ではAT60に届くためLV3とのAGI勝負も狙えます。非優勢でも低LVユニットを一方的に潰せることも多いかと。負けても勝っても手札に戻ってくるため、コスト効率も悪くありません。死竜のお供などにいいかも。


闇の精霊 C
LVが2→1に下がり気軽にセットしやすくなったかわりに、SP減少効果が2に下がりました。効果自体は優秀ですが、優秀なSPブーストが増えてきたため、その効果も薄くなりつつあります。


強制再生 E
墓地からランダムで一枚回収できます。序盤に使えば、狙ったカードを回収することも可能でしょうが、こんなカードを入れるスペースはどこにもなさそうですw


ゴミを作る E
相手の手札一枚をランダムで廃棄させることができます。手札を廃棄させることに重点においたファイルなら入ることもあるかもしれませんが、このカードを入れるスペースはあるのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : アルテイル
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数
プロフィール

★八戒★

Author:★八戒★
典型的なオタリーマンです。
現在は、ガンダムクロスウォー、ハースストーンなどスマホ系ゲームを中心にプレイ中。

このブログは、ガンダムクロスウォー中心に更新予定。

相互リンク募集中

【がっつり進行中】
・ガンダムクロスウォー
・ハースストーン
・パズドラ
・Fate/Grand Order

【休眠中】
・ラストクロニクル
・三国志バトルウォーズ
・アルテイル
など。

カテゴリ別一覧

openclose

最新記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
http://7af-ent.omni7.jp/relay/OD1000YN0000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。