スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察@3月後半分

もう定番化してしまった月中でのカード追加。

わかれての実装はめんどい。

■アスモデウス・暴槍形態 評価A+(期間限定S)

限定じゃなくてよかった!!

アレクサンダーに並ぶ5コス火力6500という最高の攻撃スペック。
素の状態で攻撃4500とバニラ並の性能。
高い割り性能のおかげでシェイド発掘前から運用できるのは心強い。

これを5コス以下で上回ることができるのは、下記の三枚くらいだろうか。
フル咆哮のバスターイフリート:7200 
オーガ:6500 
イフリート:6600
いずれもきつい属性縛りをクリアしないといけないと共に、
割り性能を犠牲にしてなりたっている。

闇の発動条件さえ満たせばほぼ無条件で火力を出せるのだが、
発動時デメリットになるHP-35%は痛い。
使う場面の見極めが難しそうだ。

ぱっと見では、『HP減少やべえwww』なんだけど、考察すればするほど強くみえる。

なにより注目すべきはゼロムスとの組み合わせ。
ここまで大きな自傷効果だとちょっとした被弾状態から
一気にゼロムスの有効圏内まで持っていけるので悪さができそう。

というか運用する際にはゼロムスとあわせたい。

例:スサノオ HP5000/7000 でアスモデウス発動。HP-35%により1750ダメージ。
HP3250/7000 となり3750まではゼロムス圏内に!!

当然防衛にはみんなのアイドル、トロールボールちゃんで。

このボールまじ万能だな…。

惜しむべくは3/25に予定されているゼロムスの修正で恐らく運用ができなくなりそうだという点か。


まあ、それ以降でも5コスの高火力は魅力。

アレクと異なり、バフの自由度が高いため、バーサク運用も楽しそう。

HP回復をしてくれるデッドリーボーン、自傷効果が活きるヘルズクローなど相性のいいカードは多いので、

闇単の性能を底上げしてくれそうだ。
 

■ミカエル・大剣形態 評価A+


防衛特殊召還 or 火力要員。

また限定きたよ…。

手札から最も防衛値の高いカードをピンポイントで廃棄。

自分の防衛枚数が一枚以下の場合には、捨てたカードを防衛の先頭にダイレクトリンク。

既に二枚ある場合には、火力UPされ5800火力に。

高コストカードの特殊召還カードに目が行きがちだが、実はそれほど相性のいい高コスト防衛はそんなにない。
(光込みでのリヴァ、ライディーンはまぞい…)

単純な光系デッキに組み込むだけでも、5~6コス防衛セット 兼 3コス相当攻撃というコスパ。

防衛二枚あり手札で防衛カードが腐っているなら、それを処分し手札回しながら5800火力という使いやすさ。

公式でも触れているが、アルファデッキなら起動後は6コスが気にならないし、

先頭に特殊召還することでアルファの耐久力も向上。

手札回し効果で序盤の安定性UPが狙えるのもいいね。

光使いならもっておきたい一枚である。


■Ephemeral Murex 評価A+

公式の考察とおり。
セット時にその場でAP3バックがあるので実質コストは2。
最近主流となる追撃を組み込むと、4コス帯、3コス帯の防衛枠が邪魔することもあり、
チンケ以外でいい5コス防衛がいないのが悩みどころだったが、それを改善してくれる。

2コス防衛で防衛値3100なら十分。
かなり地味だが優秀なカードだと思います。

■ローンクァール 評価A+

攻撃しながら『狙う』を付与という驚きのコスパ。
しかも開始前発動なので、初回から『狙う』の補正を受けることができる。
攻撃も3900ということで4コスバニラ相当の性能ということで悪くない。

他の特殊バフ付与系と同じく、自身が弱化状態の場合は不発なのだが、当然といったところか。

スレイプニール、ローンクァール、チンケといった特殊バフが揃ってきたので、
ウィスプ式ではない雷単バッテリがかなり充実してきた予感。

楽しそうなのでさっそく組んでみたい。

■スノーパンサーモール 評価A
氷不動の5コスエース、ダハーカさんのライバル登場。
攻防共に相手の戦闘力-1700なので安定して使える性能が魅力。
かなり優秀である。

防衛戦や対防衛相手の戦闘ではダハーカより実質200ほど補正値が高くなるのだが、
裸相手への攻撃にも安定して5000火力として使えるダハーカと比べると見劣りするか。
ダハーカさん、まじ神。

しかし今まで氷の5コス枠は少し寂しいカードプールで、
6コスに頼ることが多いため、重い構成になりがちだったが、
5コスの比率を高めることで軽量化に貢献できそうだ。


■チンケシーフ 評価B
防衛セット時に手札即入替。
風来坊同様、攻撃対象がいない状態でも手札入替できるのは優秀だし、
入替したくないときは、属性を踏み外してセットすればいい。
4コス防衛値3200ということで許容範囲内だろう。

普通のデッキならここまでしなくていいとは思うが、防衛枠に拘らない特殊系デッキには有用だろう。

■クリス 評価C
『他の防衛での戦闘時』限定ということで、このカード自身が戦闘しても効果は発動しない。
しかし、デザインとカード名称のイメージが全く一致しない。
全世界、全作品のクリスさんに謝罪が必要だ。

5コス防衛値3500ということで最低限の性能を持っているが、
相手のHPに20%ダメージという係数依存のダメージなので効果としても物足りない感が大きい。
水の5コス帯には優秀な防衛も多く、ダメージ系統だけで見ても他のカードに見劣りするため、
採用は難しそうだ。

くさい息ではなく、くっさい息というところにデザイナーのこだわりを感じた。

■ジェントルメン 評価A+

デバフ剥がしを兼ねた回復カードが初登場。

回復量こそHP2000なのでちょっと物足りないが、デバフ剥がしの汎用性は非常に高そう。

支援デッキはもちろん、一般デッキに保険として入れておくのもよさそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

jkptpk

txnzrvds

hazegst

cnfoek

njggk

ybdtr

achsnr

rvnqjjjc

来訪者数
プロフィール

★八戒★

Author:★八戒★
典型的なオタリーマンです。
現在は、ガンダムクロスウォー、ハースストーンなどスマホ系ゲームを中心にプレイ中。

このブログは、ガンダムクロスウォー中心に更新予定。

相互リンク募集中

【がっつり進行中】
・ガンダムクロスウォー
・ハースストーン
・パズドラ
・Fate/Grand Order

【休眠中】
・ラストクロニクル
・三国志バトルウォーズ
・アルテイル
など。

カテゴリ別一覧

openclose

最新記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
http://7af-ent.omni7.jp/relay/OD1000YN0000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。