スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック考察 パート1



ぱないのー。

★八戒★です。

買ってしまった…。

シルフィニア@36万ギル。

フェニックス or リヴァイアサン or シルフィニア×2を狙うつもりだったが、

出品自体がなかったのでシルフィニアに決定!

二枚目は落とせなかったが使いながら様子見していこう。

とりあえず所持一枚なので無理にVQ仕様にはせず、アスフロ式バニラベースに組み込んでいます。

相手から頂戴してきた手札がオールコスト-3だった時の優越感。

異常な回転率を誇ります。

すごく楽しい。二枚目仕入れたらVQ式にしてフル回転させてみたい。

さて今回は、たびたび修正が入っているブラックカード達をまとめて考察で見直してみたい。

いや、単純に最近ブラック欲しくなってカードアルバム眺めてただけなんですけどね。


■ブラックカードとは


ブラックカードはモンドラ界での最高レアリティ。

特に各属性のドラゴンシリーズは最高の9コストを誇る。

どのカードもユニークスキルを持っており、デッキの中心になること間違いなし。

残念ブラックカードでも運営の方針上、間違いなく修正で強くなるだろう。

■ガチャからの出現確率


ルビガチャで1/100という噂。

ブレイブやヒロチケの確率なんて知らない。

ただ世間は非常に厳しく、パチンコで隣のおっさんの八連と自分の単発が相殺されているように

引けない人は引けない伝説のカードである。

持っている方は是非活用していただきたい。

特にヴァンパイアクイーンとの相性は素晴らしく、超絶スキルを5コスでリサイクルできる。

コマンダーではバーサーカーの攻撃の極意が有用。アスフロなしで移動攻撃が可能になるのでブラック使いはバーサーカーを育てたい。

長文になるので今回は初代ブラックから3枚を見ていこう。

898989898.jpg

■ドラゴンシルフィニア 評価A

初代残念ブラック。
先日の修正でバケラッタ。
相手の手札を全部パクリつつ、コストが-2に。
アスフロを併用しているとオール-3になっており脅威の回転率を誇る。
ゾディアーク(コスト3)、バルバロイ(コスト1)とかかっこいい。
相手暗殺やスワローが来ても手札全除去できるので有効な対策になりえる。
(ぱくっても相手には新しい手札が補給されるので絶対ではないが)

VQを併用して圧倒的な回転率を持たせることで勲章とか狙えないのかしら。

勲章専門家の緑の人はどう捕らえているのかな。



2562565265656.jpg

■ブラディアス 評価A-

確定割。
素攻撃4700もあるので6割以上は二枚割が期待できるだろう。
相手防衛が一枚なら4700貫通確定である。
ロマンではあるが、バーサク鮫なら6400なので標準フォトなら確殺。

開始前に発動なので前衛トロール、後衛鮫で特攻。

トロールで耐えながらブラディアス発動時には鮫発動とかかっこいい。

発動時に自分の防衛を一枚割ることが条件になるが、割った防衛のコスト+2のAPが回復する。

一見デメリットに見えるが、戻ってきたAPで他カードを連打することができるので
APの貯蔵庫として考えることもでき、状況によっては大きなメリットにもなりえる。

鉱床やタワーにも使えるので高速割からの連打で回収。
相手ホルダーにもハマーンばりのプレッシャーを掛けれるだろう。


25285285285.jpg


■ポセイディア 評価S-
ブラック最強候補の一角。
99万ギルですら即決されることが当たり前でオークションで見かけることは稀。
相手防衛を割ることに成功した場合、鉱床、タワー、フォートレスを問わず所持クリの50%を奪い取る。

戦法として一番使われているのは、自軍側鉱床に対してのポセ発動。
例:800C鉱床に対してポセを打つと400C回収。その後、占拠で+200C。

自軍フォト所有として通常より多くのクリスタルを回収しておくことができるので、
相手割り返し時に相手が得られるクリスタルを減らすことができ、大きなアドバンテージを得ることができる。

中にはポセ2枚~3枚所持かつVQ搭載型の人もいるので、うまく機能すれば圧倒的に有利になる
※ヘイトがあがるので勝てるというわけではないだろうが、相手と全く同じクリ数を獲得するように進めていてもポセ分のアドバンテージで負けるので、言い換えれば相手にポセ専用デッキがいればなにかしらの対策を強いられるということ。

もちろん自軍だけではなく、中央500割返し等に使っても有利だし、相手ホルダーに対しても防衛を割るだけで暗殺と同等の戦果がでるのでプレッシャーを与えることができる。

運用方法として同系統になるタイタンと比較してみよう。

ポセのメリット   ①発動時の手札制限がない
          ②事前に必要な準備がない(あれば有利になるものもある。後述。)
          ③鉱床以外にも使えてまず腐らない
  
  デメリット   ①クリティカル発動が条件なので確定ではない。
          ②9コスなのでアスフロか極意がないと移動攻撃できない。
          ③モルキン系高コス除去カード直撃。

タイタンのメリット ①鉱床に攻撃4000で回収できる状態なら確定発動。(バサク鮫なら5700で相当楽)
          ②6コスなので容易に移動攻撃可能。
          ③6コスなので高コス避雷針を用意すればモルキン系高コス除去回避可能。
   
    デメリット ①手札から土二枚捨てる必要あり(結構きつい)
          ②鉱床のラストアタックを取らないといけないので事前準備が必要。
          ③鉱床限定能力。

ポセを運用する場合には、サポートとして『狙う』か『アスフロ』のバフ支援。

鉱床には、メルテッドキャンディの麻痺 やデスサイズの死の宣告を掛けてあげると安定だろう。

支援が難しい場合には、単騎で仕事ができるのがポセのいいところ。

全ブラックにいえることだが、中でも特にバーサーカーとの相性は◎。

極意からの移動攻撃はもちろん、対ホルダー時にショックはかなり有用だ。

下記にクリ率一覧を掲載。
※ジルバで+5%、狙う+15%、麻痺+10%

防衛4000 58.8%
防衛3700 63.5%
防衛3400 69.1%

普通に失敗してもおかしくない確率なので、移動8でも逃げれる立ち回りがうまい人であれば
ジルバ運用で成功率を底上げしてあげるのがいいかもしれない。まあ、黒刃安定ではあるが。
狙うもセットしてあげるとそれだけで80%クラスの成功率になるので安定圏内に。

まあ、使ってみたい一枚ではある。

今回はこれにて。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

wwlkcoyn

qvsozkmr

pfhflvr

szrivpuf

mzicvrv

dutcge

ohulc

来訪者数
プロフィール

★八戒★

Author:★八戒★
典型的なオタリーマンです。
現在は、ガンダムクロスウォー、ハースストーンなどスマホ系ゲームを中心にプレイ中。

このブログは、ガンダムクロスウォー中心に更新予定。

相互リンク募集中

【がっつり進行中】
・ガンダムクロスウォー
・ハースストーン
・パズドラ
・Fate/Grand Order

【休眠中】
・ラストクロニクル
・三国志バトルウォーズ
・アルテイル
など。

カテゴリ別一覧

openclose

最新記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
http://7af-ent.omni7.jp/relay/OD1000YN0000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。