スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰後のフォル放浪記 @part2

ライセンス安定圏が遠いよ!

★八戒★です。

さて先日、茶部屋に来ていただいた せーどるふさんへの挨拶を兼ねて 
BreastFire!ギルドの茶部屋に遊びに行ってきました。
(といっても基本、対戦しっぱしの人間なんであまり発言してないんですけどね!

小恋たんも一緒に行ってたのだが、すごくはっちゃけてたYO!
というかこのギルド名、すごくいいですよね。
なんかすごく叫びたくなります。カラオケいこかな…


本日は、Genius Brain の『私に構わず逃げて』さんと対戦した際に、
フレ登録していただいたりもしました。
(『私に構わず逃げて』さんに聞くまでシメオンは女だと思ってたよ!
…あれだ…、性別…シメオン?

この調子で交友関係を伸ばしていきたいところであります。


さてアリーナ放浪記も第三弾。

絶賛廃プレイ継続なう。

自分で使ったり、相手が使ってるの見て感じた

今環境のトップは個人的に 輝昌石、白黒、赤黒の3強。

そんな中でもしっくりくるファイルを捜し求めて

輝昌石回したりー

赤黒回したりー

白黒回したりー

赤回したりー

アウレ回したりー

白回したりーしてます。

明日には新EXが登場。

まあ、過去の運営を知る限りでは、確実に一線級のカードだと思われるので
また環境が変わる可能性も高いですね。

というわけで今回は!

赤黒考察。

環境変わるとめんどくさいので先にファイルも晒しておきます。

↓続く↓


◆赤黒
⇒ 新弾の混色ユニット『エグランタイン』と『フィロメナ』を軸としたデッキ。
強力なAS+エンドスキルに加え、贅沢なパラメータ。
召喚SSの登場による混色時代到来に後押しされ、新弾で急遽一線級となったファイルです。
(ALで混色不遇の時代に覚醒エスリアを回してたのが懐かしい…


⇒上記にも記載していますが、特筆すべきはASとエンドスキル。
消費SP1でのピンポHP-40でのファイル破壊(エグランタイン)とSP削り(フィロメナ)。
特にフィロメナのSP削りは、RNG無視ピンポである点もあわせて鬼畜。

⇒お互いが場にいるという条件付きではあるもののエンドスキルも非常に優秀。
・エグランタイン⇒最大HP+10、AT+10、HP全回復。間違いなくファイルに入るであろうディカーや
ユディットとの相性も花丸。 ディカーの超絶強化を受けても全回復、死んでもユディットのASでゾンビ化した後に、エンドスキル発動できれば元通り。

・フィロメナ⇒ランダム縦ランサー搭載。レギナSSが掛かった後とかだとAT60ランサーの殲滅力は偉大。

⇒周りを固めるカードも優秀なものが勢ぞろい。
特にユディットとディカーが非常に強力でエグランタイン+フィロメナの能力とも相性ばっちりです。


【基本的な展開】
初手 赤黒LV1連打からLV3ユニットを展開。
召喚SSを織り交ぜながら、エグランタインとフィロメナの展開を目指す。

展開後は、ユディットのSTSとフィロメナのASでSPロック風味にしつつ
相手の行動を制限しながら場を制圧という流れ。

キーカードはユディット。
カード同士での連携が重要になる赤黒において序盤の展開は非常に重要。
相手のSPを削れるユディットに頼りきりな感じもあります。
ミラーとか白黒対決の時には、ユディットを何とか先出しできるように…。


◇ファイルの有利不利◇

多少の有利不利はあれど基本は万能。

最近、ちらほら見かけるペンギン返却とかはきつそうな気がします。

☆基本的なSS構成☆
基本的なのは下記2通りの構成。

①LP1召喚SS*2型
1枚目 LP1 赤or黒召喚
2枚目 LP1 赤or黒召喚
3枚目 LP1 レギナSS(orイルカ
4枚目 LP1 レギナSS(orイルカ
5枚目 LP3

⇒新弾開始直後より最も多かったと思われる構成。
赤黒というよりは今環境小型のデフォ構成。
召喚SS発動構成からの急速展開は圧巻。
現在の小型の多くは上に準じた構成なので、
一方的とは言えませんが、召喚SS発動が決まるかどうかで
序盤から勝負が決まることも。

【メリット】
①召喚SSによる急速展開
⇒SSからのLV3急速展開による場の制圧。相手も召喚SSを採用してることが
ほとんどのため、対抗するためにもかなり重要になります。
(裏をついて1or2枚目レギナSS発動によるウィニー型もあるため、必ずしも正解ではありませんが)
②レギナSSによる超絶強化
⇒壊れSS筆頭。現在最も使用されていることでしょう。
SS発動による超絶強化は圧巻。相手のSSが全部切れた後に発動すれば、
これだけで勝負が決まったりする場面もあるくらい強烈です。

【デメリット】
①読まれやすすぎる
⇒元々AL2はSS構成を非常に読みやすいですが、今の環境はそれが顕著。
召喚SS発動に合わせての 強欲な命令による 発動阻害。
レギナSS発動に合わせてのソウルキャンセル(現環境ならSS3~4にあわせれば成功率8割ほど?)
などなど対策されやすすぎるのがネック。
しかし、対策を考えずに全部発動できるなら最も理想的な構成のひとつでもあります。

②初手突如出現系グリモアによる奇襲、2ターン目OS除去からのイクサーによるSS不発。
⇒初手突如出現系からの奇襲イクサーによりSSの発動をほぼ無効化されます。
 2ターン目OS除去からのイクサーは影響上げなどである程度は対応できますが、
 影響のバランスが崩れ、後の展開が遅れることも。
 一応こちらも初手恐怖騎士+真夜中の進軍などで対応できますが、後の展開的に遅れがちになる
 ことも多かったので、個人的にはイマイチ。

②魔王騎士SS型
1枚目 LP2 魔王騎士SS LV2召喚(ほぼあらくれ船長
2枚目 LP1 赤or黒召喚
3枚目 LP1 レギナSS(orイルカ
4枚目 LP1 レギナSS(orイルカ
5枚目 LP3

⇒①と注意点はほぼ同じではありますが、魔王騎士SSがLP2であることからの
 メリット、デメリットがあります。

【メリット】
⇒一枚目がLP2であるため、①の問題点であった奇襲が効きません。
 また強欲な命令によるSS発動阻害に対しても、片側影響のみを上げることで
 不発を阻止できます(魔王騎士SSは影響無視のため不発はなし)
 ※一枚目SS発動時点で対象ユニットがいないとか極々稀な状態にならなければですが…。
 SS一枚目発動=LP削りにより二枚目召喚連鎖が来ますので、召喚で出てきたユニットが
 孤立することはないため、コンボを前提とした構築が出来ます。
 ①より非常に安定する構成になります。

【デメリット】
⇒上記メリットでLP2であることの優位性を記述しましたが、同時にデメリットもあります。

⇒LP2であるから当然トリガーは二枚必要になりますが、
 天敵である 死の鷹 などが飛んでくれば あら大変。
 序盤の展開が大きく遅れることになってしまいます。
 一応ディカーによる自爆などで強制発動はできますが、
 このあたりは要注意です。


☆召喚SSで呼び出す用のユニット候補☆


【有力候補①】月公国の黒炎使い ⇒ HP50AT50の高パラ後衛。特筆すべきASは赤黒だと消費SPが重いものの必ず輝く場面があるはず。安定の一枚。

【有力候補②】神を討つ魔剣の勇者 ⇒ 個人的オススメ。ASを乱発したい赤黒はSPが慢性的に不足。そこを補ってくれるエンドスキルが優秀です。私が50戦ほど回した限りでは安定して3~4増やしてくれます。展開を安定させたい時に。

【有力候補③】呪の魔剣士 ⇒ あまり見かけませんが、AGI4からのオートスキルがなかなか強力。ディカーや竜殺しの太刀などを当てたときの殲滅力は必見です。

次点では、

・戦闘用魔法少女 ⇒ 消費SP0のピンポ、特殊攻撃によるSP削り+増幅が優秀。ディカー支援でのAT70は強烈ではありますが、HP30なのが相当ネックになります。

・邪悪なる神官 ⇒ASのSP削りが非常に強烈。しかし赤黒ではユディット、フィロメナで充分なことも。大型相手やSPを貯めやすい環境になれば鉄板の一枚になるのは間違いありません。

・太陽王国の超力発火兵 ⇒ユニットとしては非常に優秀。しかしカウンタースキルが自軍のユディットやディカーに痛すぎるのでこのファイルにはあわないかと…。

【魔王騎士SS用】
⇒赤黒だとほぼ あらくれ船長が 鉄板。


☆青黒用オススメカード(ユニット編)☆

【鉄板】⇒赤黒カルテット+α。必須です。
①エグランタイン ⇒デッキの軸。高パラ+強力なAS&エンドスキルと色々満載。
相方であるフィロメナはもちろん、ディカー、ユディットと揃うと超性能を発揮します。

②フィロメナ ⇒エグラン同様、高パラ+強力なAS&エンドスキル持ち。
特にASのRNG無視HP-40&条件付SP-2は非常に強烈。

③ユディット ⇒ 壊れ。黒が関わる小型~中型には鉄板の一枚。
相手へのSP削りが半端なく強いです。フィロメナと合わせると相手が動けなくなることも多数。
実は、ファイルの根幹を支えてるお人です。
ミラーでは、こいつを先出し出来た方が圧倒的に有利になること多数ですので、
ミラー対決では要注意です。
エグラン、フィロメナが揃ってるときにエグランを蘇生すればエンドスキルで全回復するので、
カードシナジーも◎。
ASで相手を復活させてのハメも忘れずに。

④ディカーバズ ⇒準壊れ。出来る仕事が多すぎるお方。エグランとの相性はもちろん、召喚SSで呼び出したユニットとの相性も◎です。

⑤失魔法の詠唱者 ⇒初手候補。影響上げ→SSトリガーとファイルの序盤において重要な存在です。

【次点候補】

・リリエラ ⇒LV2除去→アタッカー→SSトリガーと優秀な一枚。とりあえずの一枚。

・狩り人スティリア ⇒OSダメ+任意での自爆SSトリガー兼AT60ピンポは優秀。ディカー支援からのAS発動でAT120ピンポとかも出来ます。

・盟主マティース ⇒イクサーでの影響削りが相手への大きなプレッシャーになります。

・純血の戦乙女キリー ⇒大型対策。といっても今大型といえばOS無効のアウレくらいなので出番なし。環境次第では推奨の一枚。

・ヴァシリキ ⇒AT50HP50AGI4蘇生持ちの高性能ユニット。オートで左右にいるユニットのAGI+1、AT+10は行動の遅いエグランへの支援として◎。ファイルスペース的にはちょっと難しいが、優秀なカードであることは間違いなし。


☆赤黒用オススメカード(グリモア編)

・呪縛 ⇒ 黒系ファイル鉄板の一枚。対応力は一番。
・狂乱 ⇒ レギナSSで育った子の除去、相手のキーカード崩しに。
・死の剣 ⇒狂乱同様にレギナSSで育った子の除去、相手のキーカード崩しに。環境的にLV3以下が大体いるので腐ることは少なそうです。
・竜族の息 ⇒呪縛に次ぐ対応力。安定の一枚です。
・死者の息吹 ⇒SSダメ対策。赤黒なので余計に影響を振る必要がないのも◎。
・不死鳥の降臨 ⇒レギナSS(イルカSS)対策。現環境SS3~4枚目を狙えば8割刺さります。
赤黒なので魔女たちの宴も選択肢に入りますが、HP+10がディカーの支援に使えますので、こちらを推奨。


【ファイル構築例】
赤黒4

⇒LP1召喚*2型。召喚ユニットの差はあれど、ほぼテンプレだと思われます。

赤黒1
⇒魔王騎士@魔剣勇者型。SPブーストによる安定展開がウリです。

赤黒2
⇒魔王騎士@呪剣士。竜殺しの太刀+あらくれ船長によるAT60、AGI6オートは使ってて面白いです。

赤黒3
⇒魔王騎士@黒炎型。あらくれ船長支援によるAGI4AT50は強烈。セメ送りも活きやすくなります。
ex.AGI4で相手のLV3以上をセメ送り⇒自爆⇒ユディットのオートでSP-1 とかきっとうざい。


とりあえず赤黒解説はこんなもん。

またこまめに更新予定ではあります。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ltkhj

hkbysfwv

bhbsnswmg

llfalz

rjlfvrza

tnkjn

vflwtgb

pvwax

来訪者数
プロフィール

★八戒★

Author:★八戒★
典型的なオタリーマンです。
現在は、ガンダムクロスウォー、ハースストーンなどスマホ系ゲームを中心にプレイ中。

このブログは、ガンダムクロスウォー中心に更新予定。

相互リンク募集中

【がっつり進行中】
・ガンダムクロスウォー
・ハースストーン
・パズドラ
・Fate/Grand Order

【休眠中】
・ラストクロニクル
・三国志バトルウォーズ
・アルテイル
など。

カテゴリ別一覧

openclose

最新記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
http://7af-ent.omni7.jp/relay/OD1000YN0000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。