スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察【LHローティア】その2

ラヴァートヒーローズ 
竜皇帝の復活 
ローティア カード考察 


※07年7月現在のデータを元にしています。


竜皇帝『ジュッズヴァー』
LV9という異常なコストを持つのに、HPが100しかないためあっさり負けてしまうこと多数w せめてHP110が欲しかったw 敗北エリア発動でまたフィールドに戻ってこれるのはなかなか強いかもしれませんが、代償としてライフが1減るのが痛すぎます。全く使えません。★5でLV9なのにこの能力はどうなんでしょうw


日食の皇子『アルフォンス』 S
オープン能力が強力過ぎてカード単体で見るなら最強カードといっても過言ではない性能を秘めています。能力は相手の墓地依存になりますが、終盤は手札調整などを行うことが多いためほとんどの場合、墓地には10以上たまることになります。ということは50ダメ以上安泰w 炎魔人に続く鳥+無慈悲の天敵であり、エリア発動のHP補正がない限り、ほぼ確実に即死系を完封します。また弱点の少ない炎魔人に対してもかなり勝てます。その他にも援護や大型で殺しきれなくても基本ステータスもなんとか戦えるため、破格の勝率をたたき出します。優勢時にこちらも援護をつけようものなら勝利は目前。能力の性質上、序盤は使えませんがそれでも効果が強力すぎるので終盤の切り札になるのは間違いないため、持っているならデッキにいれておきましょう。


黒竜の騎士『ミリア』 D
ユーニとは逆に敗北エリアにカードを置く能力を持っていますが、現環境では敗北エリアで強力な能力を発動させるものがほとんどないため、ユーニと評価は大きく異なります。というか敗北スキルの性質上、勝利スキルを超える能力が出る事はほぼないと思われるので今後もユーニに追いつく事はできないでしょうw というかユーニのLV4に対し、ミリアはLV6w しかも能力は劣化w ユーニは先攻AGI5も持っているので即死要員やAT補助で戦えるのに対し、こちらはなんとも微妙なステータスw 明らかに冷遇されてますw


魂の守護者『フィミーリア』 D
LP4か5の時ならそこそこ戦えますが、これでLV5は重いですw 終盤に使うと弱体化してしまう場合もw 先攻は持っておらずHPも30と低いため、最も能力を発揮できるはずのLP5時に出しても、容赦なき暗殺者などの援護なしLV3AGI5型にあっさり殺されます。


混沌の魔人『ダロス』 C
微妙w LV3の標準的な能力に加え、ランダムでATが上がる可能性があります。
三分の一でAT70になり、優勢時には援護なしでAT140を叩き出します。しかし、AGI3のため優勢LV3にAGI負けすると普通に殺されるのはご愛嬌w 対大型を想定しても安定性に欠けるためオススメできませんが、決して弱くはないです。「俺は常にAT増加させられる運がある!!」という強者イクサーの方なら使いこなせるでしょうw


破壊鉄兵『XXX』 G
LVにしては若干高めのステータスを得た代償に背負わされたものがこの勝利時発動スキルw 手札を全廃棄してしまうため最後の1戦でしか使ってはいけませんw 最後以外の状況で使っては手札がなくなり、戦力を失うため負け濃厚となります。代償に見合う戦闘能力を有している訳でもないので、こいつの出番は確実にないと思いますw
某カードゲームのように「手札調整以外のなんらかの効果によりこのカードが廃棄された場合、○○になる」といった特殊能力を持ったカードが出てくるのであれば、そのトリガーとして使えるようになるかもしれませんが…。まあないでしょうw


生贄 G
山札から好きなカードを持ってこれるという強力なサーチ能力ですが、その代償にライフを1削られますw 痛すぎますw アルテイルのようにSSがあればトリガーとして有効でしょうが、LHにおいては今のところデメリットにしかなりません。強力なカードは数あれど、さすがにここまでしてサーチしてこなくてはいけないカードはないでしょう。
今後ライフを削ってでも持ってくる価値のあるカードが出てくる可能性は否定できませんが、そんなカードは壊れ確定のカードでしょうw 戦況を一遍させるようなコンボがでてくればカードサーチとして採用できるでしょうが、基本的に一戦毎に判定していくLHにおいてはそれも難しいでしょう。


恐怖 B
序盤~中盤に有効な即死。対象をLV4以下と限定してあるため、大型には勝てませんが、一部のデッキを除き主戦力はLV4以下のため主に序盤から中盤において大いに活躍してくれます。無慈悲と比べると決定力が大きく下がりますが、消費SP4という点は高評価でしょう。無慈悲同様、飛べない鳥の王様や各種先攻高AGIとの相性が抜群です。竜デッキなどのほぼ大型オンリーのデッキには全く効果がないのは諦めましょう。


戦闘用魔法少女【近接型】 D
敗北エリアに戦闘用魔法少女がいればAT2倍になります。ノーマルと支援型のどちらがいても敗北エリア発動の能力でAT+30はされるので、それを含めると非優勢でもAT140w 優勢時にはAT280w はいw 明らかなオーバーキルです。 AGIとHPが低いため、守備力強化などをしても相手の攻撃に耐えることは難しいです。また事前に敗北エリアに戦闘用魔法少女を準備しておく必要があり、こいつの存在を警戒されるので後攻持ちや低AGI型の大型がセットされてくる可能性は非常に低いでしょう。ただ一般的な竜デッキに対しては有効で、相手がカードをセットしにくい状況を多々作っていけると思われます。今後出てくる多数の魔法少女の効果次第では化けるかもしれません。


獣化病/スキュラ獣化病/ B
優勢黒時限定ではありますが、単体で大型を瞬殺できるほどのATを叩き出します。自分の墓地依存なので、手札調整でAT増加の値を調整していけるのも高評価です。中盤でも通常のLV4くらいのATは余裕で出せます。またHPやAGIも基準ステータスをクリアしているため問題なく、これでLV4なら非常に優秀でしょう。ただ優勢黒時以外だとAT10ということもあり、使える状況がかなり限定されているため、デッキに入れすぎると手札で腐ってしまう可能性大です。1枚か2枚までにしておきましょう。


古代の死体の王 C
敗北時発動の手札を全廃棄し、墓地から選んで3枚回収できるのは強力です。
能力の性質上こいつのセットする前に手札を廃棄し、SPを充実させてから能力で墓地から手札補充というのが基本的なプレイングになると思うので、能力が発動できないとまずいことにw 非常にハイリスクハイリターンなカード。他のカードにはない面白い能力ですが、非常に癖があるカードなのでデッキに採用する場合は、他のファイル調整の時以上にフリーアリーナで使い方を熟知しておく方がいいでしょう。


幾夜竜 B
アタック発動でSP2を減らすのが非常に強力。 基本的に竜デッキでの運用になるでしょうが、それ以外でも余裕で活躍できます。また赤や白とは違い、スキュラなどのカードを除き、ATのインフレが起こりにくいので援護さえしてやればしっかり勝ってくれる可能性が高いのもいいです。


戦闘用魔法少女【支援型】 B
HP+20AT+10という基本的な援護を搭載し、勝利/敗北エリア発動で戦闘用魔法少女のATを大幅強化+山札からカードタイプ戦闘用魔法少女を選んで取ってこれるという非常に優秀な能力を搭載。また優勢時にノーマル、支援型どちらかのエリア発動の援護を受ければAT80AGI4としっかり戦えるのも非常に使いやすいです。これでLV2は破格w
弱点としては、勝利/敗北エリア発動能力全てに共通することですが、その後の展開を非常に読まれやすい事。ただ今後、多種多様な魔法少女が追加されていくことがほぼ確定しているので、いろんなタイプの魔法少女を運用していくことでこの弱点も緩和されていくでしょう。現状では、性能の割りに活躍できる状況が少ないですが、魔法少女を主体としたファイルの中心になるカードであり、追加される魔法少女達の能力次第では、さらに評価も上がっていくでしょう。


獣化病/フェンリル E
LV2としての能力は低くないのですが、このカードを使うくらいなら消費SP1をケチらずに容赦なき暗殺者を使った方が遥かに効果的です。


堕落 C
アタック発動なのが、長所でもあり短所でもあります。2回アタックすれば相手の手札を4枚捨てることができ非常に有利になりますが、相手がノーセットであれば丸損にw
ハンデスを目的としたファイルでなら活躍が期待できそうです。


獣化病/レギオン G
( ゚д゚)
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚)
 
(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!
このカードが何を目的として作られたのかよくわかりません。優勢黒に限定された能力でありながらセットした時点で死亡確定。山札から1ドロー、SP1回復できますが、こいつの消費SPもあるんで事実上減少しています。能力的に、どのカードと合わせてもコンボにもならないと思うので、未来永劫使い道はないと思われます。


死の線を切るモノ D
AT50以上で即死発動ということですが、事実上優勢黒かつAT援護必須になります。
援護分を合わせて、消費SPが6前後必要ですし、低AGI非先攻ということもあり、先攻高AGI型+即死系グリモアと比べて能力発動の成功確率が大幅に下がります。消費SPの観点から見ても大きな違いはないので、素直に先攻高AGI型+即死系グリモアのコンボにしておきましょう。


白骨戦士 D
勝っても負けても戻ってくるので実際の消費SPは2程度。先攻こそないものの高AGIなのでAT強化などと相性はいいのですが、全体的に力不足はいなめません。

月公国の精神兵団 C
自分ユニットがカードタイプ月公国であるという限定条件がありますが、オープン発動で月公国のカードを選んで持ってこれるのはなかなか便利。月公国の精神兵団自身を持ってこれることも可能ですので、サイクル可能な魔力武器としても動くことができます。


古来からの呪術師 C
現環境下において唯一相手のATを下げる能力を持つカード。この敗北エリアスキルは強力で、次の戦闘で非常に有利に戦えます。またHP40と若干低めではありますが、AT30AGI3とLV3ユニットと普通に殴りあうことができるのもいいです。勝てばラッキー、負けても次に繋げられるカードです。


幽霊 C
殴った回数だけ手札を捨てさせられます。70と高いHPを誇り、援護なしであれば優勢LV3のアタックに耐えることもできます。また能力との関係上ATが10なのが長所でもあります。相手がLV2以下であれば複数回殴り、手札を落とした挙句バトルに勝てるのはまさに鬼畜w 飛べない鳥の王様と当たろうものなら手札5枚落とせますw 優勢時に出してもLV3以上にはほとんど勝つことができませんし、ATが20になってしまい相手がLV2以下だった場合にも殴れる回数が減るので、非優勢かつ低GETSP時に狙うのが効果的です。


真夜中の犬 D
援護してやれば戦える能力かつ非常時用に使えるAT+20の援護は偉いのですが、それだけ。逆を言えば援護しないとLV2以下にしか勝てず、LV3には一方的に負けます。
勝利スキルで真夜中の犬を持ってこれますが、持ってきてどうするのかといいたくもなります。


夜の魔女 B
優勢時に出すとオープン発動で相手SPを3減らす効果は非常に強烈。闇の精霊のアタック発動とは違い、オープン発動の安定感は素晴らしいです。大型を主体としたデッキやコンボデッキに使えば相手は悶絶しますw


生命変換 G
勝利発動と非常に不安定なカード。サポート枠がこいつで埋まるため援護ができず勝ちにいくことが難しいのも使いにくさに拍車をかけてます。オープン発動で抜群の安定感を誇る治癒呪文と比べても消費SPに1しか差がありませんし、レアリティも同じなので入手難度を考慮してもこちらを選ぶ理由はありません。素直に治癒呪文を使いましょう。


魂の契約 G
ドローカードと思いきや三枚引いて三枚捨てるため、枚数は増えませんし、引くカードもランダムのためサーチとしての安定性に欠けます。しかもLV3というコストパフォーマンスの悪さ。このカードを使うと逆に戦況が悪くなる状況が多いと思われるため、使用しないほうがいいでしょう。破壊鉄兵『XXX』の考察でもいいましたが、某カードゲームのように「手札調整以外のなんらかの効果によりこのカードが廃棄された場合、○○になる」といった特殊能力を持ったカードが出てくるのであれば、そのトリガーとして使えるようになるかもしれませんが、可能性はほぼありませんw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月公国の精神兵団の評価なんですけど、カードタイプ月光国以外のカードを援護すると山札サーチが発動しないという微妙な縛りがあるんでさすがにA評価は言いすぎな気がします。

俺の中ではC評価なんですが、是非とも意見を頂きたいと思う次第です

カードのテキストを勘違いしていましたw
(´・ω・`)

頭の中では自分ユニットが月公国であるという限定条件を無視していたようなのですが、普通に考えて強すぎですねw

そういった点を考慮すると暇ジンさんのおっしゃるとおりC評価くらいが妥当かと思いました。

やっつけ仕事でカード考察をしたので他にも穴がたくさんあるかもしれません。

これはおかしいと思われる箇所がございましたらご指摘いただけると嬉しいです。

今日の深夜頃にでもカード考察を見直して修正していきたいと思います。

ご指摘ありがとうございました。

足あとのこしていきます^^
更新を期待してますよん♪

>>みやぴぃさん

お久しぶりですw

足跡残していただいて嬉しいですw

最近更新が遅れ気味ですが、少しずついろんな企画を増やしていくのでまた読んでやってくださいw

来訪者数
プロフィール

★八戒★

Author:★八戒★
典型的なオタリーマンです。
現在は、ガンダムクロスウォー、ハースストーンなどスマホ系ゲームを中心にプレイ中。

このブログは、ガンダムクロスウォー中心に更新予定。

相互リンク募集中

【がっつり進行中】
・ガンダムクロスウォー
・ハースストーン
・パズドラ
・Fate/Grand Order

【休眠中】
・ラストクロニクル
・三国志バトルウォーズ
・アルテイル
など。

カテゴリ別一覧

openclose

最新記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
http://7af-ent.omni7.jp/relay/OD1000YN0000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。